マルタ空港紹介。マルタらしいお土産が買える免税店は一軒(体験談)

マルタ航空の本拠地でもあるマルタ空港は、マルタ共和国唯一の国際空港です。
正式名称は、ルア空港と言います。

マルタと言うと、首都のヴァレッタが世界遺産に指定されています。ツアーはもちろん留学や結婚式でも人気の観光地ですね。
マルタ観光で必ず利用するマルタ国際空港について、Lさんの体験談でご紹介します。

スポンサードリンク

マルタ空港はとてもコンパクト

マルタ空港は11月上旬マルタに一週間、家族旅行した時に利用しました。
飛行機から降り立った感想はあら、そんなにあったかくない…おりしも滅多にないという強風雨に見舞われてしまいました。

空港はコンパクトでシーズンオフのせいかなんだかのんびりした感じ。
全て英語表記(その下にマルタ語の表記)で、わかりやすいですね。会話も英語。

訪れる人はほとんど観光客だと思いますが、大きなスーツケース持っている人は見当たらず、皆コンパクトな荷物でした。
荷物受け取りのコンベアは2台のみで、うろうろすることもなし♪

移動するにも便利な空港


空港はマルタのほぼ真ん中にあるのでどの方面に行くのも便利です。
人気の旧市街ヴァレッタまでは6キロメートル、空港内にバスのチケット売り場があり、そこで1週間オープンチケットを購入しましたが、カード一枚でどのバスにも乗れるのでとてもお得でした。

ただ、運転手の荒い運転&猛スピードにもかかわらず停まるバス停が多いので、空港から目的地のヴァレッタ近くのホテルに着くまで、1時間ぐらいかかりました。
空港の回りは特に何もないので、すぐさま脱出することをお勧めします。

コンパクトなのでレストラン等は少なめ


帰りは朝8時の便だったので、空港には2時間前に到着しました。
ライアンエアで手荷物持ち込みのみの航空券だったのですが、荷物のサイズのチェックはほぼ自己申告で緩めでした。

空港内のショップもカフェ・レストランもそう多くはありません。
レストランの方は活気があって、朝から利用する人が多くいました。
パニーニがなんだかおいしそうに見えました。

シーズンオフでもレストランは結構人が入っていたので、シーズンならかなりごった返すんじゃないかと思います。

マルタらしいお土産が買える免税店は一軒のみ、ワインやらスイーツやTシャツや、マルタ産のガラス製品などがざっとあります。
私たちはハードロックカフェで時間つぶししました。ここが一番人が入っていなかったです(笑)

でもハードロックカフェのショップのTシャツは、マルタのロゴが入りでマルタでしか売っていないので、好きな人にはお土産にいいかもしれませんね。

全体的な感想としては、ローカルな雰囲気の空港ですが、半面全世界から観光で人が訪れる面もあり、合理的で利用しやすい空港だと思います。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る