滝野すずらん丘陵公園のオススメ遊具紹介♪幼児~小学生は特に大興奮

夏の旅行言ったらせっかくの機会だしだし、家族みんなでどこかみんなで楽しめるところに出かけたい!と思う家族は多いはず。

とは言ってもどこも混んでるはずだし疲れるだけでは、、と懸念する人もきっとたくさんいらっしゃいますよね。

今回は、筆者が実際に夏休み中に子連れで訪れた北海道のオススメスポット「滝野すずらん丘陵公園」について紹介したいと思います!

スポンサードリンク

滝野すずらん丘陵公園の基本情報

滝野すずらん丘陵公園はかなり巨大で、多くの施設があります。

  • 春から秋までさまざまな表情の花々を見せてくれるカントリーガーデン
  • 子供向けの大規模遊具が設置されているこどもの谷
  • 森のみずみずしい空気や小鳥のさえずりが心地よい渓流ゾーン
  • 泊りがけでキャンプができる青少年山の家

住所:住所:〒005-0862 札幌市南区滝野247番地
公式サイト:http://www.takinopark.com/

<開園・閉園時間> ※季節によって変わります
4月20日~5月31日:9:30~17:00
6月1日~8月31日:9:00~18:00
9月1日~11月10日:9:00~17:00
12月23日~3月31日:9:00~16:00

<入園料> 2019年度(施行)
一般:大人(15歳以上)450円・シルバー(65歳以上)210円
2日間通し券:大人(15歳以上)500円・シルバー(65歳以上)250円
年間パスポート大人(15歳以上)2,800円・シルバー(65歳以上)1,300円

ではここから、子連れで行くなら一番オススメのゾーンである子供の谷について紹介します。

一番オススメのゾーンである子供の谷

こどもの谷には、広大な土地の中に、2~3歳くらいの幼児から小学校高学年まで幅広い年代の子供達が遊べるアトラクションがたくさんあります!
オススメの遊具について紹介しましょう。

1) ビックボールの坂
こどもの背丈ほどもある大きなボール(バランスボールみたいな感じです)をコロコロ転がして遊ぶ!広大な坂になっているので、上まで運んで上から転がしてもよし、平らな場所で友達と一緒にボールを転がして競争するのもよし。

ボールは無論貸し出し無料です。2歳の息子はこんなに大きなボールを見るのがなかなかないので、興奮して押して転がし続けていました。

2) ありの巣トンネル
文字通りありの巣をイメージした迷路のような地下トンネル。
そこそこ入り組んでおり、地上に出た時は自分がどこにいるのか、ちょっとわからなくなります。子供の探検心をくすぐります!

3) フワフワエッグ
緑の草原に突如現れた、巨大な卵をイメージしたふわふわクッション。トランポリンの巨大バージョンで、いつまでもジャンプし続けて楽しめちゃいます!

2歳の息子はここが一番面白かったようで、長い時間遊んでいました。子供が付き添いが必要な低年齢である場合以外は、大人の使用は禁止されているので、ご注意ください!

4) 虹の巣ドーム
こちらは室内施設で、虹色のネットで作られた空中迷路のような巨大遊具が室内いっぱい広がっている施設です。

ネットの中をよじ登ったりぶら下がったり、、体をフルに動かして筋肉も大いに使うアトラクションです。こちらは小学校の年齢以降だと力もあるのでより楽しめるかもしれません。

スポンサードリンク

5) 溶岩滑り台
溶岩、の名前の通り、鮮やかなレンガ色の、くねくねした滑り台が何台も設置されています!街中の公園では絶対に見かけないような長さになっているので、子供達も大興奮!こちらはヘルメットの着用が義務付けられており、安全への対策もきちんととられています。

6) オレンジエッグ
こちらは上記のフワフワエッグの少し小さい版。

7) チャプチャプ広場
こちらは幼児が水遊びできる用の浅い川や池です!2歳の息子はこちらでとても楽しんでました。真夏の時期はちょうど冷たい水が心地よくて大変おすすめです。
着替えやタオルは忘れずに持参しましょう!

子供のトイレも問題なし!キレイな授乳室も完備

どこに行っても混んでいる夏休みなら、広大な土地を有している滝野すずらん丘陵公園は、どんなに人が多くてもエリアの広さゆえ全然気にならず、おすすめできます。

広大ゆえベビーカーでの移動ももちろん問題なし、子供も走り回れて本当にのびのびと遊ぶことができます。

またアウトドアの施設だとどうしてもトイレなどの施設の清潔さが気になりますが、滝野すずらん丘陵公園はきちんと掃除が行き届いており、いつもピカピカで全く問題ありません。

トイレの数も多めなので、子供がいきなり「トイレに行きたい!」と言っても問題なし。
そして更に乳児連れには嬉しい、綺麗な授乳室も所々に完備されています。

フワフワエッグの近くに食堂もありますが、お弁当持参でピクニックに訪れているファミリーも多いですよ!ぜひお子さんと一度は訪れてみてください。絶対に喜んでくれるはずですよ!

スポンサードリンク

関連記事

ご案内

CA・GS向け専門サイト!役立つ情報満載!
Reisa-CAもご覧ください。
▼こちらから▼
Reisa-CAへ

最新記事一覧

国内空港のお話

海外空港のお話

  1. 2019-2-5

    3泊4日の上海旅行!成田空港グルメ&仁川国際空港トランジット体験談

  2. 2019-1-2

    空港は普通な世界に誇るリゾート地・カンクン(カンクン国際空港)

  3. 2018-2-21

    チャンギ国際空港トランジット体験第2弾!

  4. 2017-11-13

    スキポール空港でまさかのキャンセル!便利で快適な空港で助かった

  5. 2017-10-22

    快適に過ごせるダブリン空港!充電スポットもたくさん♪

ページ上部へ戻る