ハワイと言えど、油断は禁物!詐欺に要注意

海外旅行と言えば、ハワイ!とまず思う方も多いでしょう。それぐらい日本人にとっては身近な観光地ですね。治安も良さそうだし、日本人も多いから安全とついつい思ってしまいがちですが、危険なこともあるので注意しましょう。

例えば、日本人をターゲットにした詐欺が多いのです。
チャリティーやボランティアだと言いながら寄付金を要求してきたり、ステッカーやシールを売りつけてきたり・・・ハワイならではの歓迎のレイ(花の首飾り)をかけてきて募金を要求するなんていうのもありますね。

オウムの記念写真を撮影させて現金を要求してくるおじさんもいます。
これぐらいならいいか・・・と思ってしまうと、つけこまれてしまうこともありますから、スルーしたり相手を怒らせないように無視するようにしましょう。

今回は、ハワイに新婚旅行で行った時に、オウムのおじさんに出会ったというSさんの体験談をご紹介します。

スポンサードリンク

ツアーではなく完全フリー行動の新婚旅行

これは、妻と新婚旅行でハワイに行った時の体験談です。
これからハワイに初めて行かれる方は参考にして下さい。

私達は、ありきたりのコースを団体行動のツアーでなく、航空チケットと、宿泊の手配だけを旅行会社に依頼して現地では完全にフリー行動をする事にしました。

多少の不安は有りましたが、ハワイは治安も良いし日本語は概ねOKですし…と旅行会社の方も言って下さいましたので安心出来ました。

さて、着いてみると正に「楽園」!
ゆったりとした時が流れ自由に満ち溢れた街で夢心地でのスタートとなりました。

ハワイはスケールがでかい♪と大満足


自分でタクシーを拾って現地の人たちが行くようなショッピングモールに行ったり、食事もハワイにまで行ってのモスバーガーではなく、辺鄙なところにポツンと立っている個人経営のハンバーガー屋さんに行きました。

最高に美味しかったですし何よりもスケールが桁違いで、フライドポテトはボウルのような容器に山盛り、コーラはMサイズを注文したのですが小さなバケツのようなカップのデカさで、「Mサイズ?」と聞くと「Yes!」とLサイズのカップを見せてくれました。まさにバケツのようでした。

これがハワイってやつかと満喫しながらも、やはりワイキキ・カラカウア通りを歩かないわけにはいかないと繰り出しました。

その賑やかさと言ったら想像を絶するものでしたが、新宿や原宿の賑わいと違い、スローに時が流れているのです。

有名なオウムのおじさん詐欺に要注意

歩いてるうちに赤信号で止まりました。
すると、スタスタとおじさんが近づいて来ました。丸太のような腕には色鮮やかなオウムが乗っかっていました。

そして私に一緒に写真を撮るかい?と言ってきたのです。
単純な私は、ハワイを満喫して気が大きくなっていることもあり、オウムを腕に乗せてもらって満面の笑みで撮ってもらいました。すると、「25ドル」と要求してきたのです。

えっ、お金払うの?と思いましたが、プロレスラーのようなマッチョマンで怖かったので25ドルを払おうとすると、傍にいたバリバリの関西のおばちゃんが、「お兄ちゃん、払わんでもええで。これ有名な詐欺やからな!」と。

そのおばちゃんに圧倒されたのか、マッチョなおじさんはそそくさと去っていきました。
「お兄ちゃん、何でこんな有名な詐欺も知らんと来たんや?」との言葉を残し、おばちゃんはスタスタと歩いて行きました。

ツアーであれば、こんな事に成らなかったのでしょうが、威勢の良いおばちゃんに救われました。

その後も歩いてると至る所にオウムのおじさんはいました。
参考までに、ワイキキビーチにはビキニ姿のキュートな女性版も歩いてますので要注意です。

これからハワイに行かれる皆さんは十分にお気を付け下さい。
無視してしまえば、すぐに諦めるようです。

私のアルバムには妻が撮ってくれたオウムとのツーショット写真が収められています。間抜けな満面の笑みで。でも、結果オーライの良い思い出です。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る