熊本空港の施設利用とグルメ&おみやげ体験談

大阪から熊本まで頻繁に里帰りをしました。
その時に体験した施設利用とお土産の話です。

熊本空港は、割とこじんまりとした空港でリムジンバスを利用するのも、お土産を買うにも食事にも利用しやすい特徴があります。

フロアのお土産売り場が充実しています。
全日空や専門店も含めて、多くの店があります。

スポンサードリンク

まとめて配送したい時には事前確認を!

ただし、配送については、各店舗ごとにしか配送を承ってもらえません。
まぁ、それが普通と言えば普通なのかもしれませんが、あちこちで買ったものはまとめて配送してもらえると助かることってありますよね。

色々な店で買い回りを終えてから、2階フロアの各店舗で購入したお土産一式をまとめて配送手続きを行うためには、クロネコヤマト宅配業者の窓口がある1階到着ロビーまで自分で運ばなければなりません。

勿論、荷物を受付した後は、搭乗口とお土産店が同じフロアである2階に再び上がらないといけません。
そのことが、大変な重労働となると共に時間のロスになりますから、お買い物の配送を希望する場合は、事前に宅配業者受付窓口を調べておくことをお勧めします。

名物「いきなりだんご」を食べよう!

また、熊本には、「いきなりだんご」というお菓子があります。
この団子は、さつまいもを皮で包んであるだけのおだんごです。熊本県民にはあまりにも有名なお菓子で、かえって食べることはないのですが、お土産売り場に地味に販売されています。

空港公式サイトを確認すると、今は鶴屋百貨店で販売されているようです。

この団子を見つけたら、できれば冷凍食品でないものを選んで購入してみることをお勧めします。

また、熊本駅まで足を運ぶ機会がありましたら、熊本駅前で店を構えてている、いきなり団子の「長寿庵」さんにぜひ足を運んで見ることをお勧めします。「長寿庵」さんのいきなりだんごは種類も豊富で、味も絶品です。
製造から販売を行っており出来立てを食べることも出来ます。

普段、みじかすぎるお菓子という理由から食べ控える熊本県民でも、こちらのいきなりだんごは美味しいと評判です。
配送業務も承ってくれますので、安心して大量に購入することも可能です。

おすすめのお食事どころは「和ダイニングりんどう」

空港内の食事処は、3階の「和ダイニングりんどう」お勧めです。
九州産交が運営する飲食店です。そのため、郷土料理が味わえます。
里帰りのたびに郷土料理を楽しみます。

和ダイニングりんどう:https://www.kyusanko.co.jp/retail/airport/rindo.php

営業時間:11:00~最終便出発まで (ラストオーダー:最終便30分前)
席数:109席
テーブル(4名)16席お座敷(6名)3席半ソファー(4名)5席カウンター7席
キッズチェア8脚ご用意しています。

馬刺し、ダゴ汁、シメカマ、辛子蓮根、高菜ご飯等の、郷土料理に舌皷を打ち、熊本独自メニューを賞味することが出来ます。熊本の美味しいトリ肉もおすすめです。味は濃いですがしつこくはありません。

窓からは外の景色を眺めて楽しむこともできます。
ぜひお勧めします。

スポンサードリンク

関連記事

ご案内

CA・GS向け専門サイト!役立つ情報満載!
Reisa-CAもご覧ください。
▼こちらから▼
Reisa-CAへ

最新記事一覧

やかないサプリ

国内空港のお話

海外空港のお話

  1. 2019-2-5

    3泊4日の上海旅行!成田空港グルメ&仁川国際空港トランジット体験談

  2. 2019-1-2

    空港は普通な世界に誇るリゾート地・カンクン(カンクン国際空港)

  3. 2018-2-21

    チャンギ国際空港トランジット体験第2弾!

  4. 2017-11-13

    スキポール空港でまさかのキャンセル!便利で快適な空港で助かった

  5. 2017-10-22

    快適に過ごせるダブリン空港!充電スポットもたくさん♪

ページ上部へ戻る