551蓬莱の豚まんが美味しい!伊丹空港からの帰りの便で腹ごなし

旅行ではなく仕事で飛行機を利用する時は、食事を簡単にすませたいと思ったり、ゆっくり食事したくてもそんな暇がないということがありますね。

今日体験談をご紹介いただくTさんも、出張帰りだといつも時間がないそうです。
大阪国際空港(伊丹空港)で、蓬莱の豚まんで手軽に腹ごしらえをしているそうですよ。

スポンサードリンク

出張帰りは蓬莱の肉まん

大阪出張へ飛行機で行き、最終便で羽田に帰る際の簡単でかつオススメの食事方法をご紹介します。

伊丹空港は夜の21時以降の飛行は禁止となっていますため、伊丹から東京への最終便は20時台です。20時台の最終便に搭乗するには、少なくとも大阪市内を19時には出る必要があります。

仕事が終わり、急いで食事をしたとしても1時間程度しかなく、中途半端な状態で空港に行かざるをえません。従いまして、空港に到着する頃は、小腹が空いている状況となります。

その場合、私が簡単に食事をすませる方法は、伊丹空港のANA側のターミナル1階にある551蓬莱です。

551蓬莱の豚まんについて


大阪といえばたこ焼き、お好み焼きなど大阪の食の文化に加え、蓬莱の豚まんも有名です。
伊丹空港には、その551蓬莱の飲茶カフェがあります。

この551蓬莱で購入した肉まんをビールと一緒に機内で食べるのが至福の時です。
ただ、少し肉まんの匂いが機内に充満する場合がありますので、食べる際には少し気を使いましょう。

551蓬莱の豚まんは、職人がひとつひとつ手包みしているそうで、甘い玉ねぎと肉汁たっぷりの豚肉が包まれています。
ミンチ状になっていないから、豚肉の食感が食べごたえあるんですよね。

お土産にするなら、チルドタイプがいいですね。
伊丹空港店には、蒸したてとチルドの両方が売っています。

人気が高いので食べてみたいという方は、ネット通販で購入することもできます。
http://shop-551horai.co.jp/shop/c/c/

でも、小腹がすいた時に食べる蒸したての豚まんが一番美味しいので、是非伊丹空港を利用する際には食べてみてください。

カレースタンドもおすすめ


もう少し食事らしいものが食べたい時には、美味しくて早いカレースタンドがあります。
これもANAのターミナルですが、2階の手荷物検査を通過した先にある、カレースタンドです。
手荷物検査場を通過したのちに、カレーのいい香りがしてきますが、ここのカレースタンドのカレーはまろやかな味でコクがあり、おいしいです。

ちょっとした小腹を満たすにはちょどよく、また注文から提供時間までは2分以内です。
搭乗時間まで20分程度あれば余裕で食べられます。

小腹が空いた状態で飛行機でひもじい思いをするのを避けるため、ぜひこの2つの食事を試してみてください。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る