韓国で命をかけて乗りきったタクシー。日本人に比べて運転が荒い!?

日本人からすると、身近とも言える韓国。
その韓国の国民性は、今までもご紹介してきましたが、まだあるんですよ。
それは、何でも速くする・せっかちという特徴があるということです。

タクシーや配送など、仕事で車を運転する人でも、渋滞にハマるとイライラして運転が乱暴になる傾向があるとか・・・

海外旅行で訪れたり留学など長期滞在をすれば、タクシーに乗る機会もありますから、そういう国民性は知っておいた方がいいでしょう。
乱暴な運転によって、普段は車酔いしないひとでも、酔ってしまうかもしれません。

今回は、韓国のタクシーで怖い思いをしたRさんの体験談をご紹介します。

スポンサードリンク

優しいタクシーのおじさん

ある日、お酒の約束で市内までタクシーに乗ったときのことです。

金曜日の夕方とあってか、道路が渋滞していました。その日に乗ったタクシーの運転手のおじさんは、見た目がとても優しい人で、話をしてみても見た目通りも口調が穏やかで丁寧親切な人でした。

ところが、外見とは裏腹に運転の仕方は恐ろしかったのです。
乗ってびっくり。クラクションはたくさんならすし、渋滞してほとんど前に進めないのに、前の車がほんの少しずつ進むたびに、思いっきりアクセルを踏むのです。

そして、前の車の超ギリギリで急ブレーキをかける、といったことの繰り返し。
あまりにも激しいので、車にへばりついていないと、凄い勢いで、どこかに吹き飛ばされるような感じです。

まるで映画のシーンにあるような状況でした。

あれは、生死を分ける陸上版ジェットコースターだと言っても過言ではありません。

韓国人の運転は激しい

タクシー
韓国人は、日本人に比べて運転が荒くて、クラクションをしょっちゅうならし、スピードも出すということは、身をもって感じてきたことではありましたが、

ここまで激しい運転を見るのは、初めてでした。

このままでは、本当に生死を彷徨うことになるのではないかと、もうハラハラドキドキ。
身体は、頭のてっぺんからつま先まで、緊張状態で疲れ切っていました。

これ以上は黙っていられないと思い、運転手のおじさんに「そんなに急がなくても大丈夫ですから、ゆっくり行ってください。」と言うと、また優しい口調で「はい。」と返事をしたので、もう大丈夫だとホッとしました。

でも、ホッとしたのもつかの間。また凄い勢いで進み、前の車にぶつかるんじゃないかと思うくらいのギリギリで急ブレーキをかけるのです。
無事タクシーを降りたときには、半泣きで全身脱力状態でした。

韓国人の国民性は、何でも速くする特徴がありますが、あのタクシーの運転手のおじさんは、同じ韓国人が見てもその傾向があるようでした。

スポンサードリンク

関連記事

ご案内

CA・GS向け専門サイト!役立つ情報満載!
Reisa-CAもご覧ください。
▼こちらから▼
Reisa-CAへ

最新記事一覧

やかないサプリ

国内空港のお話

海外空港のお話

  1. 2019-2-5

    3泊4日の上海旅行!成田空港グルメ&仁川国際空港トランジット体験談

  2. 2019-1-2

    空港は普通な世界に誇るリゾート地・カンクン(カンクン国際空港)

  3. 2018-2-21

    チャンギ国際空港トランジット体験第2弾!

  4. 2017-11-13

    スキポール空港でまさかのキャンセル!便利で快適な空港で助かった

  5. 2017-10-22

    快適に過ごせるダブリン空港!充電スポットもたくさん♪

ページ上部へ戻る