羽田空港お土産紹介!パステルのなめらかプリン!限定ロールケーキもおすすめ

東京国際空港、通称「成田空港」は、迷子になってしまうほど広い空港です。
そして、レストランもショップもたくさんあるため、お土産に何を選べばよいか迷ってしまうほどです。飛行機を利用しなくても、ショッピングやグルメ目的で訪れる人もいます。

そして、子どもも大人も喜ぶお土産といえば、お菓子・スイーツ。
今回は、お土産としても人気の高いなめらかプリンで有名なパステル(Pastel)の商品をご紹介します。羽田空港を利用したTさんの体験談もご覧ください。

スポンサードリンク

なめらかプリンで人気のパステルには羽田限定スイーツも!

驚くほどなめらかな口当たりで人気のパステル(Pastel)のなめらかプリン。
卵黄だけを使い、コクがある味はかなり人気が高いですね。

このなめらかプリンが羽田空港でも購入することが可能です。

第1旅客ターミナル2F 特選洋菓子館
営業時間:6:00~20:00
第2旅客ターミナル2F 東京食賓館(時計台3番前)
営業時間:5:45~20:30

なめらかプリンは、通販でも購入できる商品ですが、羽田空港で買うことをおすすめするのは羽田空港限定の商品も販売されているからです。

羽田ひこうきプリン 価格(税込):432 円

なめらかプリンの上にホイップクリームを乗せ、ココアパウダーで飛行機の絵とHANEDAという文字が描かれています。この商品は、金曜日~日曜日の週末限定の販売なので、この期間中に羽田を訪れるならおすすめです。

カスタードプリンロール 価格(税込):1,620 円

カスタードプリンが丸ごと巻き込んであるロールケーキです。
ふんわりとしたカステラと生クリームに、コクのあるプリンがマッチします。
数量限定の商品なので、チェックしておきましょう。

サービスやお店が充実!広々とした空港内(体験談)


東京の池袋にいる友人や、横浜に住んでいる親せきに会いに行く際、飛行機を使って羽田空港を利用しました。

さすがに広いので、移動は大変ですが、その分サービスやお店が充実していて、一日その飛行場で過ごせるほどです。通路に移動用のベルトコンベヤーがあるので、歩くのが少しは楽になっています。

国際線は利用していませんが、国際線ターミナルのショップなどを見たかったので、乗り換えの合間に行きました。

国際線ターミナルは、国内線ターミナルからバスで5分ほどかかるので、ゆっくり回るには、最低でも2時間は余裕がないと行けなさそうです。全体的に広いので、どうしてもバタバタしてしまいます。3時間はほしいところです。

羽田空港の食事やお土産について(体験談)

つるとんたん」といううどん屋さんで食事をしたかったのですが、残念ながら人がいっぱいで、時間がなかったため、断念して近くのおそば屋さんに行きました。
でも、そこのお蕎麦も美味しかったです。

「つるとんたん」は別の店舗で食べたことがあって、どうしても行きたいお店だったのですが、残念でした。

国際線なので、お土産屋さんはやはり和のものが多かったように感じます。
時間に余裕はありませんでしたが、見て回るだけでも楽しめました。

国内線も満足の品ぞろえバツグン!(体験談)

国内線ターミナルのほうも、お土産が充実していて、テンションが上がります。
お菓子は東京のお土産がもれなくそろっていますし、キハチやオッジなど、有名なお菓子屋も多いです。

パステルのプリンやトップスのケーキも購入できるのが嬉しいので、帰るときには必ず買って帰ります。

スタバもあるので、疲れたときはひと休みできます。

ないものはない、といった感じで、至れり尽くせりの空港でした。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る