飛行機に乗る時に注意したい飲み物とは?飛行機酔い体験談

体質などにもよりますが、飛行機に乗った時に摂取しな方がよい飲み物や食べ物があります。
それは柑橘系のものやアルコールです。

乗り物に酔いやすい人や体調が万全ではない人などは、吐き気を感じたり促進してしまうため、注意すべきでしょう。

スポンサードリンク

オレンジジュースとアルコールに注意!飲まない方がよい理由とは

オレンジなど柑橘系の酸味の強い飲み物や食べ物は、胃酸の分泌を促進し、胃に刺激を与えます
気分が悪い時には、吐き気を強くしてしまいます。

これは飛行機に限らず、風邪をひいた場合や車や船などの乗り物酔いの時も同じです。
似たようなことが起こってしまう飲み物としては、コーヒーも同様です。胃酸の分泌を促進するため、機内で飲む時には注意しましょう。

アルコールの場合は、気圧が大きく関わってきます。
飛行中は陸上とは違って気圧が低くなります。
すると気体は膨張するので、ビールであれば炭酸が胃の中で膨張します。
また、気圧が低くなることで空気中の酸素も減り、人の血液中の酸素量も減っています。
アルコールを分解するための酸素も減ることになりますから、人によっては酔いやすくなるわけです。

もちろん、柑橘系やアルコールを摂取しても全然大丈夫だという人も多いです。
しかし、普段飲んでいる陸上とは違いますから、注意しておいた方がいいでしょう。

では、実際に飛行機で酔って大変な思いをした方の体験談をご紹介しましょう。

まさかオレンジジュースで酔ってしまうとは <由紀子さん(仮名)の体験>

オレンジジュース
私は、乗り物に乗るときももちろんですが、飛行機に乗るときに特に注意していることがあります。
それは、柑橘類を摂取しないことです。

人生2回目の海外旅行のことです。フライトアテンダントの方が来て、「飲み物は何にしますか?」と私に尋ね、オレンジジュースを頼みました。

オレンジジュースを飲んでから数分後、気分が悪くなり、乗り物酔いの状態になってしまいました。
体調が悪い時に乗り物に酔ってしまうことはありましたが、体調は万全でしたし飛行機で酔ったことはありません。それにオレンジジュースは好きでよく飲んでいるため、まさか飛行機で酔うとは思いませんでした。

その際教えて頂いたのが、乗り物に弱い人は、乗り物に乗るときに柑橘類を摂取してはいけないということです。酔いを促進、悪化させてしまうそうです。

それからは、飛行機ではお茶やお水を頂くようにしています。
乗り物に乗る際、酔いやすい方は柑橘類の摂取は控えるように、是非して下さい。

ビールで酔ってさんざんだった新婚旅行 <トモコさん(仮名)の体験談>

ビール
新婚旅行はハワイで、結婚式の翌日に出発予定でした。
結婚式終了後、主人は新婦の私を放り出したまま、自分だけ知り合いと飲み会へ。
私は宿泊するホテルでコンビニのお弁当を食べて寂しい時間を過ごし・・・
式当日に放置されて怒りは覚えましたが、翌日のハワイ旅行を楽しみに文句も言わずひとりで就寝。

翌日、いざ新婚旅行へ!というテンションが高い私とは逆に、主人は二日酔いです。
しかし、ここからが最悪な思い出の始まりでした。

機内でビールを飲むという主人。もともと私よりお酒には弱いので、やめておいた方がいいと止めても、気が大きくなっているため聞きもしません。
「迎え酒だ!」と言って、ビールを飲みます。
しばらくすると真っ青になって、今度は下を向いて小声で吐きそうだと連発。私もおちおち寝ていられません。

ハワイに到着してからは、新婚旅行向けのツアーだったため、みんなカップル揃ってツアーの説明を聞いています。そして、希望のオプショナルツアーに皆さんが申し込みをしている間、私だけが申し込みをすることもできずポツンとひとりぼっち。旦那さんどうしたの?という風にチラチラ見られて逃げたかったですね。(主人は別室で寝せてもらってました)

その後もせっかくのハワイ旅行だというのに、気分が悪いからと観光もできませんでした。
食事も喉を通らないと和食ばかり。しかたないので、前に妹とハワイに来た時に気に入ったお店をぶらぶら見て回って暇つぶししてました。

やっと気分が良くなったという時には、もう帰国です。
そして、帰りの飛行機でまたビールを飲んだのです!!
「前は二日酔いで飲んだからダメだった。今度は大丈夫」と言い訳をしながら・・・

それは違う。気圧の関係があるのだからやめた方がよいという私の忠告などはまた聞きません。
当然ながら帰りの飛行機でもすぐ酔って、それまで文句ひとつ言わなかった私の堪忍袋の緒が切れたのは言うまでもありませんね。
私自身よほど思い出したくないのか、今でも自分の結婚記念日が何日なのかを覚えることが全くできません。両親の結婚記念日はハッキリ覚えているのに(笑)

飛行機に乗るということは、陸上での状態と変わること!
いつも大丈夫だからという過信はやめ、アルコールの摂取はやめた方がよいと思います。
飛行機でちょっと一杯という軽い気持ちが、せっかくの楽しい思い出を、最悪の思い出にしてしまうこともあるのです。私のようになりませんように・・・

機内からほろ酔い気分で旅を楽しみたいとは考えずに、現地に到着してからじっくり楽しむのがいいですね。

スポンサードリンク

関連記事

ご案内

CA・GS向け専門サイト!役立つ情報満載!
Reisa-CAもご覧ください。
▼こちらから▼
Reisa-CAへ

最新記事一覧

JALカード

国内空港のお話

海外空港のお話

  1. 2019-2-5

    3泊4日の上海旅行!成田空港グルメ&仁川国際空港トランジット体験談

  2. 2019-1-2

    空港は普通な世界に誇るリゾート地・カンクン(カンクン国際空港)

  3. 2018-2-21

    チャンギ国際空港トランジット体験第2弾!

  4. 2017-11-13

    スキポール空港でまさかのキャンセル!便利で快適な空港で助かった

  5. 2017-10-22

    快適に過ごせるダブリン空港!充電スポットもたくさん♪

ページ上部へ戻る