3ヶ月滞在したカッセルの街で恋!?ドイツ語の映画で吹っ切れた!

海外に留学したり、長期滞在すると、様々な人との出会いがあります。
なかには、恋をしちゃうことも・・・!
色々な経験が思い出になったらい、自分の考え方を変えてくれることもありますね。

今回は、ブラジルでドイツ人の彼に出会ったLさんの体験談をご紹介します。

スポンサードリンク

ブラジルに滞在

海外での生活を体験するため、学生ビザを取得して滞在していたブラジル。

当時通っていた大学の語学センターでポルトガル語を教えていた先生と大の親友となり、休みの日はもっぱら彼女とその友人たちと一緒に出掛けていました。

ドイツ人の彼との出会い

彼・彼女

ある日その友人グループの中に、彼女の教え子でもあるドイツ人が仲間入り。
それからは彼もグループのひとりとして、一緒に出掛けるようになりました。

ベジタリアンで、環境問題に関心を持っていた、ある意味いかにもドイツ人の彼とは話が合いました。毎日の昼食も彼の行きつけのベジタリアンレストランに一緒に通うようになり、一日の結構な時間を一緒に過ごすようになったのです。

日本での人間関係や生活など、いろいろなことに不自由さを感じていた私は、とにかく彼と様々なことについて話し合いました。

ブラジルからドイツへ

そんな中で彼に惹かれるようになっていたものの、4ヶ月間の滞在を経て彼はドイツへ帰国。

クリスマスを過ぎるとカーニバルが終わるまではバカンスシーズンで、学校も休みのブラジルでは特にすることもなく、彼が2月の自分の誕生日にパーティーをするというので、私も参加しようとドイツへ旅立ちました。

ドイツ語は大学の時に多少かじってはいたものの、話せるレベルでもなかった私は、彼の通っていた大学のオーディオルームでドイツ語の自習ができることになりました。

ちょうど彼のルームメイトが留学中で部屋が1つ開いていたので、私はそこに寝泊まりさせてもらえることになりました。

一人で過ごしたドイツ

彼は大学やバイトで忙しくしていたので、私は大学へ行ったり街をぶらぶらしたり、チケットの安い日に映画館に行ったりしていました。

当時はまだその先の自分の人生をどんなふうにどこで送りたいのか見当がつかず、沈んだ気分で過ごすこともよくありました。

それでも、すべて吹き替えされているドイツの映画館で、ドイツ人の人たちに混じって一緒に笑えた時には、何か吹っ切れた気がしました。

1ヶ月程度の滞在予定だったのに、結局航空券を変更して3ヶ月も滞在したカッセルの街。
いつかまた立ち寄って、当時を懐かしんでみたい場所です。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る