ANAマイルを貯めるならばおすすめはANAカード

ANAはJALに比べると、マイル還元率やFFP積算率がどんどん悪くなっているという声があります。
実際、マイルやFFP目的で航空便を積極的に利用したいと考えている方にはを推奨する人が多くなっています。

しかし、環境によって貯めたいマイルも変わってきますから、ANAで貯めたいという方は多いでしょう。そいう方向けに、今回はTさんが行っているANAマイルの貯め方をご紹介します。
健二さんが行っている方法はこちらから

スポンサードリンク

ANAマイルを貯めるならばおすすめはANAカード

ANAのマイルを貯める際に私が実際にメインで使っているのはANAカードです。

ANAカードを持っていると、
・航空券購入(100円で1マイル)や搭乗でボーナスマイル
 (10%~。カード種別やステータスで異なる)
・新規入会・継続ボーナス(1,000マイル~。カード種別やステータスで異なる)
・A-styleやANAマイレージモール等でマイル積算
・マツモトキヨシ等の提携店でマイル積算

等、フライト以外でもマイルを貯めることができます。

さらに上記の他、ANAカードを発行しているクレジットカード会社のポイントを優遇レートでマイル交換できます。

通常、クレジットカードの利用が1,000円毎に1ポイント付与される場合、1ポイント=3マイルが相場であるのに対してANAカードであれば1ポイント=5マイルまたは10マイルが付与されます。
(一部例外あり)
なお、一部10マイルでの移行の場合は手数料が発生する場合があります。

学生の方や10マイル移行手数料を抑えたい方、日系企業を応援したい方はJCBがおすすめです。
(※ただし学生は学生カード)

VISA・Masterブランドが好きな方、海外旅行や海外出張(欧州・北米)が多い方、決済金額が多い方は三井住友カードがおすすめです。

漢方スタイルクラブズカードは、ANAマイル交換に時間がかかる

困る
漢方スタイルクラブズカードは、インターネットなどではおすすめのサブカードとして紹介されていることが多いですが、実際に使ってみると、確かに還元率は良かったものの、ANAマイルへ交換申請をしてから交換が完了するまでの時間が1か月近くかかるため、航空券を買いたい、特典航空券を利用したい時期にまだマイルに交換されていないという状況が発生するかもしれません。

また現在はnanacoクレジットチャージでの還元率が改悪されました。
2015年5月までは2,000円で7ポイント、現在は2,000円で1ポイント。1ポイント=3ANAマイルとなったのです。

そのため、ANAカード紐付きの楽天Edyを使った方がまだマシという状況です。
(200円で1マイル。ただし端数切捨て。例:730円=2マイル積算。)

スポンサードリンク

関連記事

ご案内

CA・GS向け専門サイト!役立つ情報満載!
Reisa-CAもご覧ください。
▼こちらから▼
Reisa-CAへ

最新記事一覧

やかないサプリ

国内空港のお話

海外空港のお話

  1. 2019-2-5

    3泊4日の上海旅行!成田空港グルメ&仁川国際空港トランジット体験談

  2. 2019-1-2

    空港は普通な世界に誇るリゾート地・カンクン(カンクン国際空港)

  3. 2018-2-21

    チャンギ国際空港トランジット体験第2弾!

  4. 2017-11-13

    スキポール空港でまさかのキャンセル!便利で快適な空港で助かった

  5. 2017-10-22

    快適に過ごせるダブリン空港!充電スポットもたくさん♪

ページ上部へ戻る